全国朱印之会

護法善神会

蓮華寺への道順のご案内

赤堂観音 蓮華寺(高野山真言宗)


〒667-0305 兵庫県養父市大屋町夏梅682 TEL:079-669-0147


@akadoukannon_rengeji_88

縁起

・寺宝、弘法大師真筆般若心経により帰命山安養寺とし開創。江戸時代の慶長~元和頃に藤堂高虎公栃尾谷城本居館跡地に重塔を移築改装し赤堂とする。
栃尾山蓮華寺と名を改める。元禄年間に帰農した元高虎家臣の子息が津藩に仕官。それに伴い、山号抹消。享保年間に、西谷山 蓮華寺と再興す。
新縁起を完成させる。
・本尊弥勒菩薩は、享保年間(1716~1735)に京都嵯峨野大覚寺塔頭、密嚴院の会下に安置されており嵯峨野大覚寺、峨山権大僧正の了恕により当山に招く。(市指定文化財)
・聖観世音菩薩は、平安時代後期の作で檜の一木造である境内、楼閣二層建て赤堂観音堂の六角宮殿に安置される。(県指定文化財)
・庭園は、城居館時の濠を江戸初期に亀島を持つ阿字池、江戸中期の先住作による密教曼荼羅庭園、心字池がある。(市指定文化財)
・紅梅は日本屈指の古木 樹齢450年~600年。高虎公ゆかりの 『 天正の老紅梅 』(市文化財指定)
・藤堂高虎、武功により3000石の知行地を豊臣秀長よりこの地に賜り、築城名手が初めての城、栃尾谷城と天正8年の穴太衆による石垣を有する本居館を完成させる。

仏さま

・本 堂・・・弥勒菩薩、馬鳴菩薩、地蔵菩薩、不動明王、毘沙門天、弘法大師、賓頭廬尊者
・赤 堂・・・聖観世音菩薩、三十三観音菩薩、三十三身、三十三種、多羅観音、不動明王、毘沙門天、訶梨帝母、半支伽大将夫婦、十羅刹女、阿弥陀如来、毘沙門天
・護摩堂・・・不動明王、二童子
・地蔵堂・・・地蔵菩薩/子育・水子
・七福神
・鐘楼堂
・境外堂・・・薬師如来

霊場

・近畿楽寿観音三十三ケ所霊場
・但七福神霊場(恵比寿さま)

御朱印

・特別限定御朱印(見開き)
・四季限定の御朱印(見開き)
・各種御朱印(見開き)
・郵送対応

御朱印郵送致します

様々なご都合、ご事情により蓮華寺への御参拝が難しい方々のお気持ちを考慮致しまして、御朱印の発送を承ります。
是非とも御参拝された時と変わらないお気持ちで、御拝受頂きたく存じます。
※お電話または、メールフォームにてお問い合わせください。