限定
御朱印

■特別限定 火渡り 毘沙門天王祈願御朱印 9月5日

特別祈願1. 見開大 京友禅和紙 毘沙門亀甲赤

火渡り・柴燈護摩 祈願奉納料・・・2,000円

特別祈願2. 見開大 京友禅和紙 毘沙門亀甲赤

火渡り・柴燈護摩 祈願奉納料・・・2,000円

一般祈願3. 見開大 毘沙門天王図

 

火渡り・柴燈護摩 祈願奉納料・・・1,000円

当山護法善神会蔵

京友禅和紙 四万六千日功徳(7月10日)御朱印

3.【限定40部】見開大 京友禅和紙 四万六千日功徳(7月10日)

当山の四萬六千日は、六⇒八!”仏の功徳に蓋は無し”=あふれんばかりの功徳が得られる特別な日で、二千日も溢れてます。

 

当山の四萬六千日は、六⇒八!”仏の功徳に蓋は無し”=あふれんばかりの功徳が得られる特別な日で、二千日も溢れてます。

祈願奉納料・・・2,000円

当山護法善神会蔵
4.【限定10部】 小  京友禅和紙 四万六千日功徳

当山の四萬六千日は、六⇒八!”仏の功徳に蓋は無し”=あふれんばかりの功徳が得られる特別な日で、二千日も溢れてます。

祈願奉納料・・・1,000円

当山護法善神会蔵

 

般若心経の朱印:春夏限定御朱印・・・1部と2部あり!

春夏限定御朱印:般若心経秘鍵と寺社彫刻の文様 2部

般若心経の朱印を使った、春夏限定御朱印

四月に紹介いたしました般若心経の朱印を押した春夏限定御朱印全12部・後6種です。寺社建築を飾る数ある彫刻のうち獅子を題材として図案化されたものを御朱印といたしました。中央の金文字は、般若心経秘鍵より抜粋した一句で御座居ます。

1.獅子の図(左)(6月21日~9月末)

祈願奉納料1,000円

当山護法善神会蔵

2.龍の図(6月21日~9月末)

祈願奉納料1,000円

当山護法善神会蔵

3.浪の図(6月21日~9月末)

祈願奉納料1,000円

当山護法善神会蔵

4.鳳凰の図(6月21日~9月末)

祈願奉納料1,000円

当山護法善神会蔵

5.獅子鼻の図(6月21日~9月末)

祈願奉納料1,000円

当山護法善神会蔵

6.象鼻の図(6月21日~9月末)

祈願奉納料1,000円

当山護法善神会蔵

春夏限定御朱印:般若心経秘鍵と寺社彫刻の文様 1部

1.鶴の図(4月1日~9月末)

祈願奉納料1,000円

当山護法善神会蔵

2.鳳凰の図(4月1日~9月末)

祈願奉納料1,000円

当山護法善神会蔵

3.鬼の図(4月1日~9月末)

祈願奉納料1,000円

当山護法善神会蔵

4.牡丹の図(4月1日~9月末)

祈願奉納料1,000円

当山護法善神会蔵

5.菊の図(4月1日~9月末)

祈願奉納料1,000円

当山護法善神会蔵

6.獅子の図(右)(4月1日~9月末)

祈願奉納料1,000円

当山護法善神会蔵

1、令和三年 御遷座300年 弥勒菩薩 お待受け記念御朱印

朱色 弥勒曼荼羅ノ図 2

祈願奉納料・・・1,000円

 

献木:子宝桜(御車返し)令和元年記念樹 限定40本

献木・・・蓮華寺子宝桜(種:御車返し)/ 1苗(1m) 献木料10,000円

4月に入り、各地でさくら情報を耳にするようになりました。3年前から境内の整備を少しづつ計画し、この度全国を探し漸く三年越しで探し当てたこの桜 ” 蓮華寺子宝桜・御車返し ” 御覧の通り、蕾の時は濃いピンクで花が開くにつれ白くなる。一輪が500円玉より大きく団子状に咲き、樹高が低いため目の前で手に取れるほど(取らないでくださいね)。子宝桜の由来・・・当山に2本だけあるほっそりとしてますが、樹齢100年を超す珍種の桜、毎年地面より新たな芽が生えてくるのと、基本的に一重の桜なのですが、八重の花が混在する十花十色といったような感じで大輪の花を咲かせる。新しい生命(子宝)と歩み(成長)に重ねたのでしょう。毎年少しづつ増やして境内を彩れば・・・。皆様のお心をこの桜に込めて頂ければ幸いに思っています。

お申込は、備考欄に”献木希望”とし送信ください。

郵送お申込み

郵送でのお申込みは、下記フォームに必要事項をご記入の上、お問い合わせ下さい。
・見開き御朱印となり祈願奉納料各1,000円となります。記念御朱印は、特別な和紙等を使用し祈願奉納料各2,000円以上となります。
・送料・振込手数料は、頂いておりません。(無料) 但し、参拝時同様に浄財(お賽銭)の喜捨をお願いしております。ご理解の上、宜しくお願い致します。(浄財の一部は、郵送の質向上に使用)
・ゆうちょ銀行、赤色の振込み用紙を同封致します。 御朱印のご確認の上、御入金下さ

い。

1.特別祈願2. 見開大 京友禅和紙 毘沙門亀甲赤を

1.一般祈願3. 見開大 毘沙門の図を       

3.【限定40部】見開大 京友禅和紙 四万八千日功徳(7月10日)を

1.朱色・文殊(字)曼荼羅 第十二回を    枚  
2.緑色・般若(仏)曼荼羅 第十二回を    枚  
3.土色・般若(字)曼荼羅 第十二回を    枚  
4.空色・釈迦牟尼(字)曼荼羅 第十二回を

1.緋色・観世音曼荼羅 第十一回を     枚  
2.鶯・釈迦三尊(仏)曼荼羅 第十一回を   枚  
3.黄緑・釈迦三尊(字)曼荼羅 第十一回を 枚  
4.青鼠・寶楼閣曼荼羅 第十一回を    

1.青木・洋石(字)曼荼羅 第十回を    枚  
2.消炭・荘厳曼荼羅 第十回を      枚  
3.青藤・荘厳経曼荼羅 第十回を     枚  
4.梅紫・金剛城(仏)大曼荼羅 第十回を

1.木蘭・金剛城大日(字)曼荼羅 第九回 枚 
2.薄紅梅・多宝釈迦(仏)曼荼羅 第九回 枚  
3.赤茶・釈迦曼荼羅1 第九回      枚  
4.青緑・瑜伽曼荼羅2 第九回     

1.薄青・蓮台曼荼羅 第八回      枚  
2.夜空・孔雀(仏)曼荼羅 第八回  

3.金赤・孔雀(字)曼荼羅 第八回    枚  
4.躑躅・孔雀(梵)曼荼羅 第八回   

1.花緑青・孔雀(仏)曼荼羅 第七回   枚  
2.桃花・孔雀(字)大曼荼羅 第七回   枚  
3.薄藍・不動(仏)曼荼羅 第七回    枚 
4.深緑・不動種字曼荼羅 第七回   

1.青藤・胎蔵大日(字)曼荼羅 第六回 枚 
2.青竹・胎蔵大日(仏)曼荼羅 第六回 枚  
3.焦茶・東不動曼荼羅1 第六回    枚  
4.鳶色・不動曼荼羅2 第六回    

1.天色・高野本 金輪曼荼羅 第五回   枚 
2.錆色・金剛界敷曼荼羅 第五回    枚  
3.香色・金剛界曼荼羅 第五回     枚  
4.京紫・師伝 胎蔵曼荼羅 第五回   

1.銀朱・遍照(仏)曼荼羅 第四回 枚  
2.浅葱・遍照王(仏)曼荼羅 第四回 枚  
3.苔色・大勝金剛(仏)曼荼羅 第四回 枚 
4.薄花・八葉 大勝金剛曼荼羅 第四回
  
1.中紅・遍照王(字)曼荼羅 第三回を 枚  
2.瑠璃・遍照王(仏)曼荼羅 第三回を 枚  
3.根岸・金輪円相曼荼羅 第三回を   枚  
4.桑茶・金輪八葉曼荼羅 第三回を  

1.薄青・摧一切(字)曼荼羅 第二回を  
2.翡翠・摧一切曼荼羅 第二回を     枚  
3.辛子・摧一切(梵字)曼荼羅 第二回を
4.桔梗・摧一切曼荼羅 第二回を    

1.黒・佛眼(字)曼荼羅 を   
2.麻・佛眼曼荼羅 を      枚  
3.藍・古式 佛眼(字)曼荼羅 を 枚  4.小豆・古式 佛眼曼荼羅 を  

  
※以下二種は、上記“すべて”のセットに含まれません。

1.五大力を
2.金剛波羅密多を 枚  
3.金剛手を
4.金剛宝を
5.金剛夜叉を
6.金剛利を

1-2.御遷座300年 朱色 弥勒曼荼羅ノ図 2を

1. 春夏限定 獅子の図(左)を 枚  
2. 春夏限定 龍の図を     枚  
3. 春夏限定 浪の図を   
4. 春夏限定 鳳凰の図を   
5. 春夏限定 獅子鼻の図を  
6. 春夏限定 象鼻の図を   

1. 春夏限定 鶴の図を     枚  
2. 春夏限定 鳳凰の図を    枚  
3. 春夏限定 鬼の図を   
4. 春夏限定 牡丹の図を   
5. 春夏限定 菊の図を    
6. 春夏限定 獅子の図(右)を

1.桜(聖不毘) を 枚  
2.藤(聖多百) を 枚  
3.時金(寺聖弥) を 枚  
4.緑金(御詠歌) を 枚  
5.南(大師宝号) を
6.般(心経朱印)  を 枚  
7.不(不動絵入) を 枚  
8.毘(毘沙門絵入) を 枚  
9.訶(鬼子母絵入) を

1.城金(栃尾谷・藤堂)    を
2.武将の図1藤堂高虎    を
3.武将弓持の図2藤堂高虎  を


御朱印を6枚以上ご希望の場合は、下記備考欄にご記入ください。

 入力内容にお間違えなければチェックを入れてください。なお送信内容の確認はなく送信されます。

1.

 

祈願奉納料・・・1,000円

当山護法善神会蔵

2.

当山護法善神会蔵

3.

 

祈願奉納料1,000円
当山護法善神会蔵

4.

 

祈願奉納料1,000円

当山護法善神会蔵

5.

祈願奉納料1,000円

当山護法善神会蔵

6.

祈願奉納料1,000円
当山護法善神会蔵